こんにちは、猿に瀧でえんりゅうです

今日はCLIP STUDIOのキャンパス関係の便利技を紹介していきます

テンプレート機能(マンガ特化)

一つ目は、マンガ用のテンプレート機能です

まず、新規作成をクリックし、マンガのテンプレートにチェックを入れます。

そうしたら、下の図のような画面が出てきます

これ、数々のコマ割りテンプレートが出てくるんですよね。

これ知ってると知らないのでは、作業量に大きく影響が出ますので、

基本ですが描いておきました。

キャンパスサイズの変更

絵を描き始めたけど、体が大きくなりすぎてキャンパスをもう少し大きくしたい!なんてことがあるとおもいます

そんなときキャンパスサイズ変更は、めちゃめちゃ便利ですのでお勧めです

まず、”編集”をクリックし、”キャンパスサイズを変更”を選択します。

次のような操作画面がでます

数字を入力しても変形できますが、□マークをクリックすると、

キャンパスサイズを自由に変形することができます。

いつでも絵の大きさを変形できるので、覚えておくと役に立ちますよ。

左右反転機能

あと、おまけでキャンパスと表示の左右反転機能について解説します。

・表示の左右反転は、一時的に描いてる絵を左右反転させる機能で、

 画像を描出す(絵を保存する)と反転前の状態で、保存されます。

 主に描きやすさ重視で使ったり、絵のデッサンが正しいか見るために

 使ったりします。

(デッサンを正しく描いていると。左右反転しても違和感がないです)

・キャンパスの左右反転は、絵を完全に左右反転させます

 画像を描出すと反転後の状態で保存されます。

 完全に絵を反転させたいとかに使います。

 文字レイヤー意外に描いてる文字まで反転しますので要注意です


以上でキャンパス関係の解説は終わりです

いかがでしたでしょうか、知ってたって方も多いと思いますが、

初めて知ったって方がいれば幸いです。

まだまだブログ初心者なので、ここがだめだったよーとかあれば、コメントくださるとうれしいです。

では、よいお絵描きライフを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です